Project

実は、白瀬記念館収蔵庫の資料目録づくりを行っています。

2022年度の受託事業ですが、記念館の資料デジタル化プロジェクトを開始しています。

エクセルシートで資料管理をしていたそうです。しかし、記念館の白瀬や南極関係の貴重な資料を、研究に役立てたり、展示資料としたり、そして、地域の財産として、県民や国民、いや、世界の財産として継承されていく事を目的にデジタル化アーカイブにしていく事を始めます。

今回は秋田県立大学生をアルバイトとして作業をしていただいています。長期休暇の夏休み(8月9月)期と、年度末(2月3月)期に分けて作業を行います。夏休み期も9月に入り、作業も軌道に乗って来ました。

アーカイブは最終的な姿ですが、滑り出しは「デジタル目録」です。タイトルや著者、出版者等の主要項目だけのデータベース化を行います。

コメント

PAGE TOP